最近の新聞記事から

平成29年10月11日 神戸新聞朝刊 淡路版より
選挙を前に南あわじ市福良 25歳の女性の意見
「改憲すれば戦争が近づくと思う。
経済などの公約にある他のことは
自分を含めみんなが頑張ればいいけれど、
戦争だけは一般国民の意志でどうこうできない。
経済も女性活躍も子育ても平和があってこそ。
必ず投票に行く」

選挙に関する報道で、一番心に残りました。

そんなに大金持ちになれなくても、
平和でぼちぼち暮らせて、
年老いてもなんとか暮らせる。
そんな政治を大多数の国民は望んでいる。

私はもう、戦争に行くことはないだろうが、
改憲をすれば、戦場に行かなければならない人が必ず現れる。
そんな社会を誰が望んでいるのだろう。