副業・兼業について

最近よく、兼業・副業について聞かれます。

「もう少し収入が欲しくて副業をしたい」と
従業員の方から申し出があったようです。

申し出なく隠れて副業をする人も多いのに、
正直に申し出して会社の許可を得る行動は良いことです。

副業・兼業は可能でしょうか?

就業時間以外の自由時間をどのように使うかは、
従業員さんの自由です。

ただ、会社としては、疲労の回復や
リフレッシュに使っていただき、
翌日も元気に出勤してくれることを期待します。

就業規則の服務規定には、
「許可なく他社で就業したり、自ら事業を営まないこと」
と規定していることが多くあります。

副業・兼業していると懲戒解雇すると規定している会社もあります。

許可なく副業・兼業していても、すぐに懲戒解雇出来るでしょうか?

これに関しては、法律で規定はありません。

判例では、次の場合懲戒を認めています。

1,副業・兼業により疲労が溜まり本業に支障がでる
2,同業他社で副業・兼業することで、機密事項が漏れる
3,副業・兼業が、会社に信用を汚し、名誉を失墜させる

副業・兼業許可申請書を作り、不許可の場合は
理由を示すことを助言しました。

ただ、健康管理や割増賃金発生については、
今後の課題となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*