岡山・作陽高校サッカー部女子 池田浩子監督が面白い

1月3日より高校女子サッカー選手権が始まる。
試合のダイジェストやそれまでのドキュメントを
BS-TBSの深夜に放送するのを楽しく見ている。

ドキュメントの内容は、
親元離れてサッカー留学した子、
故障や実力不足でベンチメンバーにも入れない子、
チームを纏めきれないキャプテン等であるが、
見ているうちに感情移入して、
泣いてしまうことが時々ある。

特に面白いのが、岡山・作陽高校の池田浩子監督だ。
いつも真剣に生徒と接している。

チームを纏めきれないキャプテンを
ある年は「ヘボキャプテン」と呼び奮起を促し、
別の年には、「キャプテンに指名したのは、私。
チームが崩れるのは私の責任」とかばう。

いつも言う言葉が、「成長」。
「成長する場を与えるのが私の仕事」と言い切る。

詳しくは、Youtube
「熱血監督と泣き虫イレブン」を見て下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*